home security camera

録画に最適な家庭用防犯カメラの種類と賢い選び方ガイド

ニュース

家庭用防犯カメラを導入する

お子さまがいるお家や、女性のひとり暮らしの世帯などの場合、自分が留守にしている間の防犯対策に高い関心を持っている方は多いのではないでしょうか。
女性や子どものいる家を狙った悪質な犯罪や、空き巣、盗撮などのぞっとするような住居侵入などの犯罪から身を守るためには、家庭用防犯カメラを導入するのがおすすめです。
家庭用防犯カメラは、万が一自分の家に侵入しての犯罪が起きてしまったり、あるいは家の近くをうろうろしている怪しい人物がいないかどうか、常日頃からチェックしたりするために、多くの家庭が導入する傾向にあります。
カメラ技術や録画技術が進歩したこともあり、数年前よりもずいぶん安い値段で購入することができるようになったのも、購入のきっかけのひとつになっているようです。
また、ひったくり犯罪など、家の前で誰かが犯罪に巻き込まれたときなどには、家庭用防犯カメラで録画された映像は証拠としての能力も高いため、犯罪者の早期逮捕につながり、家の周りの治安を維持することに一役買ってくれるというメリットもあります。
仕事などで家に誰もいない時間が長いと、どうしても防犯面が不安になりがちですよね。防犯対策を強化したいときには録画が出来る家庭用防犯カメラを検討してみてください。

家庭用防犯カメラで空き巣対策

家族みんなが仕事や学校のために外出し、家に誰もいない時間が長い家庭の場合、どうしても留守中の防犯対策が気になってしまいますよね。窃盗や住居侵入など、お家にかかわる犯罪を未然に防ぐためには、家庭用防犯カメラを導入するのがおすすめです。
空き巣などを試みる犯罪者は、当たり前ですが、顔を見られるのをとても嫌います。ましてや、もしもまさに犯罪を実行する瞬間の映像を録画されてしまったら、あっという間に逮捕されてしまうのは目に見えていますよね。
そのため、録画のことも考えて家庭用防犯カメラを誰からも見えやすい位置に設置しておけば、それだけでお家が空き巣から狙われる確率はぐっと低くなるのだそうです。また、万が一空き巣に侵入されてしまった場合でも、監視カメラに犯人の映像が残っていれば、空き巣をすぐに逮捕してもらうためにとても有効な資料になります。何か金品を盗まれてしまっていたとしても、犯人がすぐに捕まれば、大切な財産は無事に返ってくるかもしれません。
犯罪の被害に遭うことを防ぎ、万が一犯罪に遭ってしまった場合であっても、被害を最小限に食い止めることができますので、録画出来る家庭用防犯カメラは防犯対策に極めて高い効果を発揮すると言うことができるでしょう。

家庭用防犯カメラとダミーカメラ

家庭用防犯カメラを家の周りがぐるりと監視できるように、複数台購入して設置したいと考えた場合、時には予算との相談も必要になります。ご自宅の形によっては、家庭用防犯カメラを何台も設置しないと家の周りすべてをチェックすることができないかもしれませんよね。最近の家庭用防犯カメラは1台あたりの購入価格がかなり安価になってきてはいますが、性能やパフォーマンスとの兼ね合いを考えると、安くなったからといって、むやみやたらに購入できるほど安いものばかり売っているわけでもありません。
そんなときには、ダミーカメラと家庭用防犯カメラを両方購入し、上手に設置するのがおすすめです。ダミーカメラとは、家庭用防犯カメラとそっくりな形をした、防犯カメラのプラモデルのようなもので、実際に録画機能などがついているわけではありません。
ですが、遠くから見て「防犯カメラがしっかり設置されていて録画されている」ように見えると、それだけでも空き巣はその家に入るのを避ける傾向があることは、警察をはじめとするさまざまな機関の発表によって明らかになっています。
予算をじょうずに抑えながら家庭用防犯カメラを設置したい場合、録画用カメラとダミーカメラとの併用はとってもおすすめですよ。

コンテンツ

家族

家庭用防犯カメラは犯罪やイタズラ抑止にも最適

一軒家を持っている人、購入を検討している人にオススメしたいのは家庭用防犯カメラです。最近では様々な事件があり自分の身や家族の身は自分た…

家

家庭用防犯カメラの録画機の選び方

家庭用防犯カメラを設置している家庭も増えてきましたが、防犯カメラを設置する際に一緒に購入するのが撮影した映像を録画しておく録画機です。…

白い家

家庭用防犯カメラをタイプから考えよう

現在の日本の治安は世界的に見てはいい方ですが、それでも日々泥棒や空き巣などの被害が多発しています。家の鍵だけでは防ぐことが難しい空き巣…

赤い屋根の家

家庭用防犯カメラで車上荒らし対策

住宅街でよく起こる犯罪の一つに車上荒らしがあります。車庫の車を狙うこの犯罪は寝静まった夜中に行われることが多く、住人が気付くのは困難で…

このページのトップへ